葬儀の準備は臨終から

臨終から行うことと葬儀社の探し方

臨終から行うことと葬儀社の探し方の写真

病院や施設で亡くなられた場合、臨終を告げられた後に立ち会った家族や親族は、血縁の近い順に末端の水を飲みます。この儀式は、あの世で喉が渇かないようにという願いを込めて行われる。現在では、病院や施設で最期を迎える人がほとんどで、医師から臨終が告げられると、その場で水子供養の儀式が行われる。病院に入院している場合は、進行は医療スタッフに任せましょう。末期の水では、綿球に水を含ませて唇を濡らす儀式を行います。必要な物や方法は病院や施設がサポートしてくれるので、わからないことがあれば教えてもらいながら進めましょう。病院や施設で行わない場合は、後日、遺体を安置した後に行うことになります。末期の水はできるだけ近親者で行うことが望ましいので、臨終に間に合わなかった家族がいる場合は、全員が揃うまで待つこともあります。

流れとしては、末期の水→清め・沐浴→死化粧の順で行う。これらの一連のケアが終わると、病院や施設から葬儀社への手配を促されます。これらの一連のケアが終了すると、病院や施設から葬儀社の手配を依頼されます。そのため、一刻も早くご遺体の搬送を検討しなければなりません。まず、決めておかなければならないのは、ご遺体の安置場所と依頼する葬儀社です。故人が病院で亡くなった場合、病院の霊安室では半日までしかご遺体を預かることができないため、速やかに手配する必要があります。霊安室の空き状況によっては、病室から直接ご遺体を搬出するようお願いすることもあります。葬儀社が決まっている場合は、病院に死亡の連絡をした後、専用の車が病院まで迎えに来て、葬儀社まで搬送してくれます。病院と提携している葬儀社を紹介されることもありますが、断っても問題はありません。病院から紹介される葬儀社は、費用を冷静に検討できないため、若干割高になることが多いと言われており、迷わず断ることも珍しくはありません。故人やご家族の希望に沿った式が行える葬儀社を慎重に選ぶことをおすすめします。もし、すぐに葬儀の依頼先が決まらない場合は、病院からの遺体搬送だけを葬儀社に依頼することもできます。ご遺族は、ご遺体を安置した後に葬儀社を検討できるというメリットがあります。

ご遺体搬送の手配が完了したら、搬送車が到着するまでに病院への支払いを完了させる必要があります。その際、医師による「死亡診断書」を書いてもらうことになります。ご家族が亡くなられた場合、7日以内に本籍地の区市町村役場に死亡届を出さなければなりません。死亡診断書」がないと、死亡届が受理されず、火葬や埋葬の許可が下りないのです。従って、「死亡診断書」は必ず受け取り、大切に保管してください。また、「死亡診断書」は保険金や遺族年金の請求にも必要ですので、事前に2通書いてもらっておくとよいでしょう。死亡診断書」は、遺体を搬送する際に携帯する必要があるため、「死亡診断書」を保管する人は、遺体を搬送する車両に同乗する必要があります。

ご遺体搬送の手配が完了し、「死亡診断書」を受領されましたら、近親者の方にのみご連絡をさせていただきます。特に、ご遺体が安置されようとしているご自宅などに駆けつけることができる近親者の方は、ご足労くださいますようお願いいたします。また、故人(喪主)の正確な宗教・宗派がわからない場合は、高齢の近親者に連絡する際に確認することが必要です。故人の檀家になっている菩提寺がある場合は、その寺や住職にも連絡する必要があります。このとき、遺体の引き取り先(安置場所)と到着予定時刻も伝えておきます。

草加市の葬儀で好評のグランドセレモニー