葬儀の準備は臨終から

葬儀までの自宅での安置について

葬儀までの自宅での安置についての写真

自宅安置とは、お亡くなりになってから葬儀を行うまで、ご遺体をご自宅で安置することをいいます。葬儀社と契約している場合は、遺体は安置所に移動されますが、故人や遺族の希望で自宅に安置されることもあります。一昔前までは自宅で安置するのが一般的でしたが、最近は葬儀場や葬儀社の霊安室で安置する傾向があります。それでも、故人や遺族の意向により、ご遺体を自宅に戻すことを希望される方もいらっしゃいます。葬儀ホールや葬儀社の霊安室の場合、ご遺体の搬入の手配から保存まで、専門のスタッフが担当します。一方、自宅で遺体を安置する場合は、遺族が手配をすることになります。自宅に遺体を安置する場合、いくつかのルールがあります。

まず、ご遺体を安置できるスペースの確保を考える必要があります。故人の寝具が入る4畳以上のスペースと、お参りセットやお見舞いに来てくれる人のためのスペースが必要です。自宅安置の場合は、通常、葬儀社で備品一式が用意されますが、自宅から布団を用意する必要があります。仏壇のある部屋があり、スペースに余裕がある場合は、まずその部屋にご遺体を安置します。仏壇がない場合は、部屋を冷暖房で涼しくしておくとよいでしょう。冬場も同様で、なるべく部屋を涼しく保つようにします。リビングなどの隣室が暖房されている場合は、ドアを少し閉めます(完全に閉めてしまうと故人が可哀想なので、少し開けておく)。特に床暖房やホットカーペットがある場合は、暖房の熱を直接故人に当てないように注意しましょう。エレベーターのないマンションなどでは、ご遺体の搬入が困難な場合があります。事前にマンション・アパートの管理会社や葬儀社に連絡し、ご遺体の搬入が可能かどうか確認しておくとよいでしょう。安置する布団のみ用意する。布団と枕は、葬儀社が布団セットを用意してくれます。故人の宗教が仏教の場合は、北枕で安置します。その理由は、故人が亡くなったときの向きに基づいています。しかし、部屋の状況によって北枕にすることが難しい場合は、西枕に故人を寝かせます。西」という方角は、西方浄土に向かうという意味です。

自宅で故人を安置するメリットは、遺族が人目を気にせず泣いたり話したりでき、故人との最期の時間をゆったりと過ごすことができることです。しかしその反面、守らなければならないマナーがある。