葬儀の準備は臨終から

葬儀に不可欠な寺院の手配

葬儀に不可欠な寺院の手配の写真

故人が病院で亡くなった場合、まず葬儀社に連絡し、遺体搬送の手配をします。ご遺体の搬送の手配とご遺体の安置が済んだら、次はお寺に連絡をします。仏教では、葬儀の際に僧侶がお経をあげたり、通夜の前に遺体の枕元でお経をあげたりすることがあります。菩提寺がある場合は、基本的にそのお寺の住職にお願いすることになります。菩提寺とは、ご先祖様のお墓があり、仏事を行うお寺のことです。連絡のタイミングは、葬儀の日程が決まってからにしましょう。菩提寺の都合が悪い場合は、葬儀の日程を変更します。基本的には「病院・施設からの搬送、故人の安置、打ち合わせ、葬儀日程の決定」後に菩提寺に連絡すれば問題ないでしょう。打ち合わせが深夜になった場合は、翌朝に菩提寺に連絡しましょう。

お寺との打ち合わせでは、以下の項目を確認する必要があります。お布施の金額は、葬儀に参列する僧侶の人数や戒名の内容によって異なる場合があります。お布施の金額がわからない場合は、お寺に直接聞いても失礼にはあたりません。

菩提寺が遠方で尋ねられない場合は、葬儀社から近くの同じ宗派のお寺を紹介してもらうこともできます。菩提寺以外で葬儀を行い、菩提寺のお墓に納骨する場合は、菩提寺から戒名をもらうことをおすすめします。宗派や寺院が異なる場合、断られたり、納骨の際に改名しなければならない場合があります。菩提寺がわからない場合は、親族に相談しましょう。菩提寺がない場合は、葬儀社に相談し、紹介してもらいましょう。戒名、僧侶の人数、葬儀会場までの交通費、お布施などを必ず確認してください。戒名の金額には幅があり、宗派、寺院、地域、位階によって金額が異なります。位牌の表面に書かれる「開明」は、仏弟子となったことを示す名前である。本来は、仏教に出家し、守るべき戒律を受け入れた弟子に与えられるものであった。現在では、菩提寺の住職が故人を敬い、仏弟子として浄土に往生させるために授ける。菩提寺がない場合は、葬儀を担当する僧侶が名前をつけます。