葬儀の準備は臨終から

葬儀の打ち合わせ

葬儀の打ち合わせの写真

大切な人との別れは、誰もが精神的に疲弊してしまうものです。しかし、葬儀は故人の人生を美しく締めくくるために、残された者が行う最後の仕事です。精神的な余裕がない中で、それでも葬儀の準備を進めなければならない状況で、慣れない葬儀の打ち合わせに大変戸惑われる方も多いようです。葬儀の手配は、まず葬儀社との打ち合わせから始まります。葬儀は不慣れなことも多く、時として判断を誤ることも考えられます。葬儀の種類や規模によって打ち合わせの内容は異なりますが、主な打ち合わせ項目と打ち合わせ前に準備しておくものをご紹介します。打ち合わせで葬儀の詳細が決まったら、葬儀社に葬儀費用の見積もりを依頼します。

葬儀の種類

お葬式には様々な種類があります。故人や遺族の希望に合わせて、葬儀の種類を決めていきます。葬儀の種類によって、斎場の規模、費用、スケジュール、段取りなどが異なります。そのため、まずは葬儀の種類を決める必要があります。葬儀の種類は主に以下の通りです。

一般葬

文字通り、古来より行われてきた一般的な葬儀の種類です。葬儀の日程は新聞や回覧板などで一般に公表され、遺族や親族だけでなく、友人や同僚、近所の人など、故人と生前親交のあった人たちが参列するのが一般的です。

家族葬

家族葬は、その名の通り家族だけで行う葬儀です。核家族化や少子高齢化により、近年増加傾向にある葬儀形態です。参列者の人数は10~30人程度で、小規模に葬儀を行うことが多いようです。葬儀の参列者は10~30人程度で、小規模に行われる、いわば小規模な一般葬です。

一日葬

一日葬では、通夜式は簡略化または省略され、葬儀・告別式に重点が置かれます。一日葬では、告別式から火葬までを一日で行います。そのため、通夜は行いません。

直葬

直葬とは、葬儀を行わずに火葬を行うことです。ただし、日本の法律では、遺体が息を引き取ってから24時間は火葬できないので、遺体を安置する場所が必要です。火葬の定義は、葬儀会社によって曖昧である。病院などの死亡場所から火葬場へ直接遺体を移動させることを指す場合もあれば、火葬式と呼ばれる場合もあります。

喪主には誰がなるのか

喪主とは、葬儀を取り仕切る大切な遺族の代表です。喪主を誰にするかは、打ち合わせを始める前に決めておく必要があります。多くの場合、故人の配偶者や長男が喪主を務めますが、誰が喪主を務めるかを話し合っておくことが大切です。喪主が決まったら、遺族が協力して、訃報の連絡、供花の手配、遺影の準備、弔辞の依頼、喪主への挨拶などの準備をします。

宗派の確認

葬儀をどのような宗派で行うのか、故人や家族の宗派はどうなっているのかを確認します。また、葬儀を行う菩提寺や教会・神社がある場合は、その名称と連絡先を確認します。菩提寺がある場合は、その連絡先を葬儀社に伝えます。菩提寺がない場合は、葬儀社に宗教者を紹介してもらいましょう。菩提寺が遠方にある場合でも、すぐに訃報を知らせましょう。遠方でも葬儀に駆けつけてくれる場合もありますし、近隣の同じ宗派の宗教者を紹介してくれる場合もあります。